Overload Studio

Profile

overloadst

名古屋市西区上小田井駅、mozo ワンダーシティ近くにあるリハーサルスタジオ「OVERLOAD STUDIO」は、最高の音響バランスを追求する充実の機材を備えた広い練習空間を持ち、ジャンルやバンド形態に合わせて選べる4タイプの部屋をご用意しております。さらにプレイアビリティを高める技術を備えた腕利きのギターリペアマンがあなたの楽器をしっかりサポート。音楽のこと、楽器のことで困った時は是非一度お立ち寄りください。

● オーバーロードスタジオ

OVERLOAD STUDIO


URL:
http://overload-studio.com/

名古屋市西区玉池町263番地


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


Counter


ネック折れ

まだ5月だというのに…
暑いではないか!!

更に、梅雨も迫ってきている予感…。

非常に過ごし難い季節です…。

ヒトが過ごし難いという事は、
単純に楽器にもよろしくない…んです。

そんな時期の前後には、
しっかり楽器のメンテナンス♪をオススメ致します。

OVERLOAD STUDIOでは、
ギター&ベースのリペア・メンテナンスを承っております♪

完全に宣伝になってしまっていますが(^^;)
この時期、メンテナンスが多いような気がするのも、
気のせいではないはず…♪


前置きが長くなりましたが本題です。

最近、ネック折れのリペアが重なったので、
ちょっと書きたいと思います。

ネック折れといっても、その症状や程度はホント1本1本違います。が、
やはり多いのが、ネックとヘッドの繋ぎ目辺りからの破損が圧倒的に多いんです。
更に言うなら、マホガニー材のヘッド角がついてるもの…
そう。所謂レスポール系…が多いんです。

そして、万が一そのような事態になった場合、
一刻も早く、楽器屋さんかリペアショップに行って下さい。
というのも、破損した箇所が、時間の経過と共に湿度や気温等で変形する場合があるからです。
更に、破片がある場合、どんなに小さな欠片でも可能な限り集める事をオススメします。

決して、自分で接着剤でくっつけてみた!なんて事のないように。
余計に費用が掛かったり、リペア後の仕上がりが悪くなってしまう事があります。


で、今回、1つの例として、
p402.jpg

既にペグ等のパーツは外してありますが、こんな感じ…

持ち込まれた時は、塗装と、薄皮1枚でかろうじて繋がっている状態でした。

p403.jpg

今回、様々考慮されて、2本の補強を入れました。

p404.jpg

最終的に塗装までして完了となりました。


今回、塗装までの依頼という事もあり、
Kazu Guitar Village
http://overload-studio.com/kazu/index.html
にて対応させていただきました。


作業工程は、折れた箇所や程度によって異なりますし、
その詳しい内容はネット上等で多数拝見する事も出来るので、
割愛させていただきます。が、

何はともあれ、

このような事故、事態に遭遇しないことが1番です!!

よく、「ちゃんとスタンドに立てておいたのにぃ~」という声を聞くのですが、
スタンドの上から転倒するんです…スタンドの分だけ高いトコロからの転倒…

スタンドの置き場所に注意したいものです。

アンプ等に何気なく立てかける…
壁に無雑作に立てかける…

危険です!!

どんなに気を付けていても、不慮の事故…不可抗力…
なんて事もあります…ほとんどの場合がそうでしょう。

可能な限り、気を付けたいものです。
スポンサーサイト
==============================

オーバーロードスタジオ

URL:http://overload-studio.com/

名古屋市西区玉池町263番地

==============================

トラックバック

http://overloadst.blog123.fc2.com/tb.php/109-2666780f

 | ホーム |