Overload Studio

Profile

overloadst

名古屋市西区上小田井駅、mozo ワンダーシティ近くにあるリハーサルスタジオ「OVERLOAD STUDIO」は、最高の音響バランスを追求する充実の機材を備えた広い練習空間を持ち、ジャンルやバンド形態に合わせて選べる4タイプの部屋をご用意しております。さらにプレイアビリティを高める技術を備えた腕利きのギターリペアマンがあなたの楽器をしっかりサポート。音楽のこと、楽器のことで困った時は是非一度お立ち寄りください。

● オーバーロードスタジオ

OVERLOAD STUDIO


URL:
http://overload-studio.com/

名古屋市西区玉池町263番地


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


Counter


rjm「Mini Line Mixer」でドライ音とウェット音をMIX

たくまです・ω・)/

通常、リバーブなどの空間系のエフェクターをそのまま直列につなぐと音がぼやけぎみになりますが、

ギターからの音を、ドライ音(リバーブやディレイがかかってない音)と、リバーブやディレイなどの空間系のエフェクトがかかったウェット音に一度分けてから、その両方をMIXしてやることで、輪郭のはっきりした音にすることが出来ます。

前回のボードには、VOCUの「Magic Blend Room」を使って、ドライ音と空間系をMIXしていましたが、エフェクターボードを新しくしてからは、rjmの「Mini Line Mixer」にしました。

しかし、実はStrymonは、エフェクターの内部でドライ音とウェット音を分けてMIX出来ますので、わざわざMixerを使う必要はありません。

が、しかし、1台だけならよいのですが、ディレイの「TimeLine」とリバーブの「bluesky Reberb」の2台をつなげてありますので、直列だと、「TimeLine」で一度MIXされた音が「bluesky Reberb」に入ることになり、ドライ音を維持できません。

そのために、ギターからの信号を3つ(ドライ音、ディレイ音、リバーブ音)に分けて、rjmの「Mini Line Mixer」でMIXしてます。


つづく。。。(⌒∇⌒)ノ""


9.jpg

スポンサーサイト
==============================

オーバーロードスタジオ

URL:http://overload-studio.com/

名古屋市西区玉池町263番地

==============================

 | ホーム |