Overload Studio

Profile

overloadst

名古屋市西区上小田井駅、mozo ワンダーシティ近くにあるリハーサルスタジオ「OVERLOAD STUDIO」は、最高の音響バランスを追求する充実の機材を備えた広い練習空間を持ち、ジャンルやバンド形態に合わせて選べる4タイプの部屋をご用意しております。さらにプレイアビリティを高める技術を備えた腕利きのギターリペアマンがあなたの楽器をしっかりサポート。音楽のこと、楽器のことで困った時は是非一度お立ち寄りください。

● オーバーロードスタジオ

OVERLOAD STUDIO


URL:
http://overload-studio.com/

名古屋市西区玉池町263番地


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


Counter


Floyd Rose フロイドローズのスタッド。ボディ割れ。

ピックアップを変えようと、ピックガードを開けたら。。。

ブリッジのスタッド部分からボディーが割れていましたΣ( ̄ロ ̄lll)

ショックすぎます。。。

写真では見えませんが、スタッドの後側まで(ブリッジのザグリまで)貫通してひび割れています。。。

image10.jpg

一瞬、ショックすぎて、呆然としてしまいましたが。。。

さてどうしたものか。。。

フロイドローズのスタッド部分は2種類あって、
写真のようにスタッドをボディに直接ネジで打ち込んであるタイプと、
ボディにアンカーを埋め込んで、そこにスタッドをはめてあるタイプがあるのです。

前者はフロイドの最初のころからあるもので、直接ボディに打ち込むのでボディによく振動が伝わり、アンカーを挟むより鳴りがよいと言われています。しかし、今回のようにひびがはいったり、ギターのボディ材が柔らかい材だとボディに対して真っすぐ打ってあるスタッドが弦の張力に負けて斜めに傾いてくるといった症状が出る場合があります。

ちなみに、僕のギターはボディ材がオールメイプルなので、重く堅い材で丈夫なのですが、堅い材なだけに割れには弱かったのかもしれません。

今のギターは、ほとんど後者の仕様だと思います。
アンカー付きのフロイドローズのギターも持っていましたが、さほど音の違いを気にしたことはありません。

たしかにこのギターの鳴りは良いんですけどね。
作ってから20年近くたつので、まぁ〜ガタもきますよね。。。
次に直すならアンカー付きのスタッドに交換します(笑)

さて。。。

現状、堅い木のおかげか、割れているのに、使用していてチューニングが狂ったりとか不具合はないのですが、精神衛生上、割れたまま使うのはよろしくないので、

ボディのリフィニッシュも考えていたし、

このままこのボディの割れを修理するか、

それともボディのみ新たに作り直してもらうか。。。

このギター、前の記事でも書いた工房で作ってもらったギターなので、また結果報告します!

オーバーロードスタジオではギター・ベースのリペア・メンテナンスも承っております。
お気軽にお問い合わせください。

スポンサーサイト
==============================

オーバーロードスタジオ

URL:http://overload-studio.com/

名古屋市西区玉池町263番地

==============================

 | ホーム |